キャンプる。

自分流のキャンプギアの積み込み法を紹介

収納テクニック車に荷物を積み込む方法はいろいろあると思いますが、私の積込み法を紹介します。使えるかどうか分りませんが。ちなみに車はデリカD5です。

まずあると便利なのが、ラッシングベルトとブルーシートです。

荷物の荷崩れを防ぎます。

車内が汚れるのを防ぎます。
また、雨の日の撤収時に濡れた物をくるんでおくこともで来ます。

やっと本題の積込み作業。
その1まずはラッシングベルトを座席のヘッドレストとデリカに付いているフックにセッティングします。

その2テントやスクリーンタープ、ポールなどの長いものを立てて配置します。
分りづらいですが、座席に沿って折りたたみ式のイスもしまってあります。
その3テーブルやキッチンテーブルを立てたら、ラッシングベルトで固定します。
この時、後方が確認できるように真ん中には少し低い物を置くのが安全運転ポイント。
キッチン用品の小物が入っているRVボックスを積んで・・・
その4クーラーボックス、着替え一式の入っているトランクケース、その他小物を隙間にぶち込みます。
その5小物をぶち込むときは、座席の使っていないシートベルトを使うと簡易的な荷崩れ防止になります。
本当はクーラーボックスの上には荷物を置かない方が良いのですが、帰りは良いでしょう。

以上が、私の積込み方法です。
積込み方法は千差万別あると思いますので、これが正解というのはないですが、ある程度自分なりに決めておいた方が、良いと思います。
もっと良い積込み方法があるよ!って方は是非ご連絡ください。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top